中学受験「札幌日大中学塾説明会」プレテスト10月24日  5年生対象のジュニアプレテストも実施!

日大中高の説明会としては、初めてホテルで実施されました。コロナ禍なんで、仕方ありませんが、SA7名合格者中、4名が通学しているだけに、学校で会いたかったです。4名中2名通塾していますが、他の子にも会いたいと通塾生に伝えると先週の土曜日1名がやってきました。優秀な成績で他の中学にも合格していた子で、私が勧めて、日大に入学しました。予想通りぴったりで、しっかり勉強して楽しく学んでいました。勧めて本当によかったなあと思います。
さて、コロナ禍以前に、日大はリモート授業を4月から実施を決めていたようで、いち早い取り組みとなりました。
塾へ持ち込んでやっている日大生のその使いこなしの見事さに感心しました。
今年の札幌日大入試は本当に難しかったです。当塾のみでの分析ですが、合否は普段の塾でやっているテスト順位とは違っていて、予想外の子がSAを落ちたり、Aに落ちたり(9日ではAに合格。)しました。二人とも英検を取っておらず、問題の難しさも相まって、僕の読みは見事に外れました。二人とも通塾しておりませんが、他の中学で頑張ってくれることを願ってます。
今年4月から道コンの主催している進学舎の社長であった浦先生が高校の副校長になられました。
各私立高校の指導状況に大いに興味があったので、今日は残って聞いてきました。
リモート授業の登場で、学校教育がどうあればいいのか、改めて問われる時代になったこと、子供自身が自発的に勉強に取り組むようにさせるには学校は何をどうしていけばいいのか、それらが見えてきたコロナ禍の数か月だったといっておられたと思います。(難しくてこのくらいしか理解できませんでした。)今後の活躍を期待します。
ともあれ、今回の各校の説明会で、いち早くリモートに取り組んだ、私学の力を見せてくれました。
さて、来年の入試は易しくするそうです。学校での勉強の遅れている小学6年生にとって、朗報だと思います。
また10月24日プレテストとともに、5年生対象のジュニアプレテストが実施されます。是非、受けてみたいと思います。

Trackback URL

コメントをどうぞ