中学受験「4大模試終了!」塾生の皆さん、ご苦労様でした。」

9月26日、立命館模試。10月24日、日大模試。10月31日・11月3日、光星模試。3日、大谷模試。
日大の結果は明日以降で、まだ、立命館しか結果は出ていませんが、やっと一段落といったところです。
立命館模試は国語が平均50.5点(120点満点)・算数36.7点(120点満点)・社会35.4点(80点満点)・理科30.3点(80点満点)・合計152.9点(400点満点)でした。算数が極端に難易度が高く、結果、国語の得意な子が上位でした。残念ながら、算数が比較的得意で、国語が苦手の子は上位に行けませんでした。普段(月例学力テスト)の順位で精査しますと、普段3位の子が1位、普段7位の子が2位、普段2位の子が3位、普段6位の子が4位、普段8位の子が5位でした。それでも、2名、Rカフェに呼ばれました。今後、弱点科目を強化し、帆印判に臨みたいと思います。
日大の6年模試は、昨年と違い、難易度を増しました。期待通りの結果になるのか注目したいと思います。5年模試は、昨年より難易度が下がりり、基礎をしっかり勉強している子が上位に来ると思います。
光星模試は、例年通り、基礎を中心とした問題で、各人しっかり、点数が取れたようです。大谷は、3月の5年時模試同様、難易度が高く、特に、算数・社会が難しかったようです。
各模試の結果を見て、受験校の指導をしたいと思います。

Trackback URL

コメントをどうぞ