中学受験「いよいよ、中学受験シーズン!」

11月25日(木)、札幌日大、沖田副校長来塾。
入試に関し、いろんなアドバイスをいただきました。
今年の立命館模試も日大模試も、算数・理科が、かなり難しく、本番のさらなる難易度の上昇に、苦慮していました。
両校とも、国語・社会の得意な子が、模試では上位に名を連ね、算数理科がそこそこできる子が下位になる展開でした。
模試の結果が出た後、塾生の親御さんから、受験校の相談が相次ぎました。本番ではそうならないことを伝えましたが、実際のところ、僕も迷っていました。本日、沖田先生から、明確な回答をいただき、ほっとしてます。模試の結果を踏まえ、科目間の平均化を図るとともに、全体的に難易度を見直すとのことでした。普段塾で実施している全国区の学力テストは、ある程度、個々の能力に応じた結果が出ます。平均すると順位もそうなります。確かに、入試問題は、作成している個々の先生の一世一代の表現の場であり、生徒や塾が予想していな新しい問題を出題するのが、作成者の先生の能力を発揮できる場であることは周知の事実です。でも、考えてください。入学試験の順位がそのまま中学校へ行ってからの順位になるんでしょうか?国語のみの力で受かった子が、中学校へ行って本当に伸びるんでしょうか?
元当塾担当だったR校のM先生がかつて言いました。読解力は中2から中3の頃に追いついてくると。思考力の高い子はそこから逆転していくと。僕は、精神的に成長し、勉強する力を持つような子を育てています。だから、当塾の子は中学校へ行って伸びるんです。中学受験が終われば、もう関係ない塾とは違います。
先日、Rカフェ(立命館模試成績優秀者の親御さん呼ばれます。)に行った子が言ってました。
「志築塾の子は、中学校・高校へ行って伸びる!」と、言われたとのことです。
さあ、塾生に伝えます!「恐れずチャレンジしなさい!」と。
最弱と言われている今年の六年生。ここからが本当の勝負です!
H君。今日、沖田先生の激励を受け、明るさと一歩前へ踏み出す勇気をもらったようです。
志築塾はがんばる生徒さんを募集しています!

Trackback URL

コメントをどうぞ