「札幌光星中学 塾対象説明会」4科各100点から国算各120点、理社各80点へ」

コンベンションセンターで札幌光星中学塾対象説明会が開催されました。
今年は以前のように駒井校長先生が大部分を熱く話す形に戻りました。駒井校長にはこれまで10年以上当塾を担当していただき、いろんな話をしてきましたが、生徒への思い・教育への熱心な取り組み、僭越ですが、僕の思いと全く違いありません。北海道の教育の質の向上のため、全力で取り組んでいる姿は、本当に素晴らしいと思います。
進学も6か年コースから東大1名、東北大1名、九州大1名、北大6名(医学部1名)、札医大1名などの実績を残しました。卒塾生からも、東北医科薬科大医学部1名、久留米大医学部1名、神戸市大1名の実績を残しました。
現在、光星出身の北大大学院生が当塾で講師をしていますが、生徒に寄り添い指導してくれている上に、親身に、進学や勉強の相談に乗ってくれており、僕らも大いに助けられています。
さて、今年の入学生は、女子の方が多かったようです。光星のイメージを一新される事実だと思います。
当塾からも2名、入学していますが、二人とも女子でした。二人とも優秀で、模試のあった11月、当塾の学力テストで5位・6位だった子です。もちろん二人とも、3つの中学校に合格していますが、それでも、光星を選びました。
当塾から光星に進む子たちの特徴は、入塾時から光星ではなく、体験授業や説明会に参加してから、光星志望に代わることです。是非、学校へ行ってみてください。
さて、来年、光星の子が7名卒業を迎えます。僕が勧めて光星に入学しトップを走った子が含まれます。期待して待ちたいと思います。頑張ってください。

Trackback URL

コメントをどうぞ