志築塾情報「今日から塾開設15年目!」卒塾生に感謝!

志築塾は、今日から15年目に入ります。
「アットホームな塾」「生徒が来たがる塾」をモットーに、ここまでやってきました。
1学年10~15名程度を限度とし、あくまで、塾生に目の届く少人数での塾を目指してやってきました。
これまでの卒塾生(中学受験生)128名で、合格数281個を獲得しています。光星が71人。立命館が63人(うちSP24人)。日大42人(うち特待4名・SA21人)。藤30名(うち特待1名)。北嶺6名(うち青雲寮2名)などの実績を残しています。
でも、最初から順風満帆だったのではなく、山あり谷ありの滑り出しでした。5年目で、塾が拡大傾向にあったころ、3名の生徒さんを受験に失敗させてしまいました。この3名のうち2名が2校。1名が1校受験しましたが、全て落ちました。一時は塾をやめてしまおうかと考えましたが、僕とカツラ先生の目が届く・手が届く塾にしようと、円山クラスの横のビルにあった分室を閉鎖。ギューギュー詰めでしたが、自宅(本部)に塾生を一本化し、再起をはかりました。以来全員合格を続けています。上記の中学に合格しながらも、公立へ行った子がこれまで2名しかいないのも、中学受験専門塾ならではと言えると思います。これらの卒塾生はその後、京大・阪大・東北大・札医大・早大・慶大などをはじめいろんな大学に進学しています。
個別(マンツーマン)にこだわり続けている理由は、個人個人発展段階や習熟度が違うこと、先生と自由に会話することで、わからないところがわかったり、興味を持ったりすることができること。いろんなテキストや問題集を使っていけることなどです。特に弱点克服の個別プリント学習は効果的だと思っています。
今、18時前です。自習は自由なので、先生のいる講習は4つだけですが、6年生9人が残って自習しています。解らないところは志築先生やカツラ先生に聞いてきますが、今は静かに真剣に自習しています。みんな強いきずなで結ばれています。仲間です。個別でありながら、仲間意識が強くなるのも、当塾の特徴と言えます。
今日から、少しずつですが、これまで14年にわたってみてきた子供たちのこと、話していきたいと思います。

Trackback URL

コメントをどうぞ