ワンピースな世界! 「新時代」 その1

新時代のことは、ドフラミンゴによって語られる。
「本物の海賊だけが生き残れる世界がやってくる!」
「力のねエ奴ア逃げ出しな!手に追えねエうねりと共に豪傑共の「新時代」がやって来るのさ!」
これまでの「力のバランス」によって保たれていた時代は二人の人物によって壊される。
ルフィと黒ひげ。
最初の出来事はルフィが七武海の一角(クロコダイル)を落とした事だった。
海軍により召集された七武海。集まったのは、ミホーク・ドフラミンゴ・くまだけ。
ハンコック・ジンベイ・モリアは来なかった。そこに黒ひげの部下ラフィットが、黒ひげを推挙。
実績のない黒ひげが狙うは1億超えの海賊の首。実績で七部海に。
最初ルフィを狙う。がそこにエース。黒ひげがルフィがターゲットと知り、引くことが出来なくなったエース。結局、能力を吸収出来る黒ひげの勝利。エースは海軍に引き渡される。
この間、ルフィはモリアをつぶした。
エースの処刑は白ひげおびき寄せだけではなかった。エースはロジャーの子だった。なんとロジャーに託されたガープが育てた。ロジャーの一族郎党の根絶やしこそ公開処刑の目的だった。
そしてこれこそが海軍の墓穴を掘った。ルフィに鉄壁にインペルダウンの浸入を許したばかりか、黒ひげの浸入をも許してしまった。
新時代の幕開けは、白ひげとエースの死で始まることになった。
勝ったのは海軍であったはず。簡単に黒ひげを七部海にしてしまったことが新時代の蓋をあけることになったのだ。 to be continued

Trackback URL

コメントをどうぞ