中学受験と普段の学校の勉強の違い

大きく3つ分けられます。
その1 6年の3学期までが範囲で1月初めに受験すること。学校でやってないことが試験に出るんです。
その2 問題のレベルが違います。中学受験は50点が平均点。問題が難しいのが基本です。
その3 合否があるように、その実力が問われます。過酷なランキングにさらされます。
精神的にまだまだ子供の彼らが現実と向き合います。最初はあわよくば合格が、出来れば合格、そして絶対合格に変わってきます。
勉強への取り組みより、私立中学へ行きたいが先行します。それを追いかける精神はなかなか追いつきません。入りたいだけでは、合格は遠いのです。学校とは違った特別な勉強をこなしていく気持ちが大事なのです。
勉強を教えるのは簡単です。受験レベルの勉強はそんなに難しくありません。でも、勉強が合格に繋がるという方程式を理解するのは容易ではありません。心を育てることこそ難しいのです。私たちはそのことにチャレンジしています。勉強が解ることが楽しくないと受験につながらないのです。 

Trackback URL

コメントをどうぞ