くまの力(one piece vol.26)

これが、王下七武海の一人、「バーソロミュ・くま」。にきゅにきゅの実の肉球人間。と言うよりサイボーグで世界政府の500年は進んでいると言われる科学者バガパンクにより改造された。
(今週のアニメ)ゲッコー・モリアをやっつけたルフィたちは、世界政府より抹殺指令を受けたもう一人の七武海くまは、仲間を生かす代わりにルフィの首を要求。ゾロはルフィの代わりに自分の身を差し出す。くまは了承するが、条件としてルフィから取り出したゲッコー・モリアとの激闘の痛みをゾロに浴びろと言う。一部でも激痛が走るルフィの痛みをゾロは自ら浴びる。
くまは「いい仲間を持っている。さすがは…あんたの息子だな。…………ドラゴン」のセリフを残し去る。ゾロは生きていたが、彼の体と周り一面血だらけ。サンジの「ここでなにがあった!!?」に血だらけゾロは、「…なにも!!!な゙かった…!!!!」と。
この「バーソロミュ・くま」がこの後の展開に大きく関わることになる。

Trackback URL

コメントをどうぞ