中学受験 「本州大手の受験塾」に思う事。

最近、増えているのが、本州大手の塾に通っている生徒さんからの相談です。
本州の塾はSS70の学校を目指しています。そのせいで、クラス分けはしているものの、テキスト・テストの難易度やスピードは学校での勉強とは差がありすぎになります。それでも、受験なんだからと100歩譲っても、理解できないまま塾はどんどん進んでいきます。首都圏などでは中学受験率が北海道の4倍・5倍です。小1から受験塾など当たり前。もし、途中入塾する場合、「塾へ入る前にやっておきたい・・・」なる問題集が各学年ごとに出ています。すでに塾は壁なんです。塾の勉強の進捗は放物線を描きます。5年後半からはそのカーブもきつくなります。そこで、ちょっと、待ったです。
理解できなくなったり、勉強がいやになっているお子さんはいませんか?そのままほっておくと、もっともっと悪い結果になってくるのではないでしょうか?
勉強が楽しかったり、うれしかったらしたことを思い出してください。本来、勉強は楽しいものなのです。A君に勝ったことではなく、解ったことが、解けたことが、うれしいんだという事を思い出してください。
地場の中堅中学にはいるための勉強になってないのではないでしょうか?
北海道の私立中学は本州に比べ、SSは相当低いです。でも、北海道の私立中学は大学合格率が全国的にも有名です。
それは、中学に入ってからの勉強のさせ方がいいからです。つまり、カリキュラムと先生がいいからです。
公立受験コース、これは生徒集めのいい口実です。やってることをちゃんと見てください。本当に公立受験対応なんでしょうか?
公立受験対応は考える力と書く力を養う事なんです。そういった対応をしているんでしょうか?
ムードで塾生をふやしているなら、よーく考えてみてください。
志築塾は、個々の対応ですから、その頂への導きをちゃんと対応します。こころの雲を晴らします。
公立対応もちゃんとやります。

Trackback URL

コメントをどうぞ