中学受験 「北嶺中学塾対象入試説明会」東大18名、確かな実績!

北嶺の説明会がありました。かつら先生と二人で参加しました。
今年は東大18人の実績。医学部医学科41名の見事な実績でした。関東の受験生も増えており、毎日本州から問い合わせや来校があるそうです。いよいよ全国メジャーへ踏み出したと言えます。
寮の充実により、寮生も増え、現在の220名収容から50名ほど定員も増えそうです。
今年東大医学部合格の子も寮で6年間過ごしたようです。寮のスタッフも50名と充実した寮生活が保障されているようです。
また市内からの寮生が増えているようです。
さて、今年の入試、合格者最低点、300点満点の専願で132点、併願で141点でした。受験者平均136点。国語が昨年の37点から52点の一方、算数は45点から36点と難易化しています。
来年は本州勢が算数得意なので、国語・算数、今年並みと言えます。
受験に向けては算数ばかりにならないよう勉強するのがいいと思います。因みに今年の合格者は入塾時算数・理科に特化していましたが、国語・社会のレベルアップで合格。勿論合格者平均(172点)を上回りましたが、大得意の算数が思ったより良くなかった反面、なんと4教科とも、まんべんなく得点し、合格しました。目標としては算数・国語各50点、理社各25点の150点を目標にするように勉強しましょう。
来年は公立中高一貫校が始まりますが、北嶺のノウハウはやはり道内では群を抜いています。北嶺は公立と競合しないと言い切っています。自信があるのでしょう。
高い目標を持つことが学力の飛躍的向上につながります。
これから受験生対象の説明会や体験授業が開催されます。是非、行ってきてみてください。
男子校ということで、色々なことが言われますが、間違いなく実績を残しています。
塾も全面支援します。頑張る子は報われる!です。

Trackback URL

コメントをどうぞ