札幌市開成中学受験 進学舎セミナー「札幌開成中・適正検査への対応」に参加して

石田教育情報研究所の代表の石田氏の講演を聞いてきました。
前日、開成中との面談をしたそうですが、ガードが固く、適性検査内容については聞き出せなかったようです。未知数は7月まで続きそうです。
さて、全国の情勢ですが、公立中受験は人気が増すばかり。抽選は少ないようですが、年々レベルは上がっているようです。
開成についても見解を述べられていました。抽選前、3倍にする時点で、どの子が入っても、いいところまでで、足切りしそうです。したがって、3倍を割り込むことになるかもしれません。その流れでいえば、適性検査は相当難しくなりそうです。
他の地域を見てみますと初年度は10倍を超しますが次年度は5倍程度まで落ちています。その理由は、難易度が高いことです。安易に受けても受からないということです。読解力・問題解決能力・思考能力など、潜在的力を見るテストになりそうです。
全国を見ましてもレベルの高い子が入学しており、大学進学率も今までの公立ではありえない確率で、いい大学に合格しています。進学にこだわらないと言っていますが進学実績が学校の未来を決めていくことは言うまでもありません。
そのハイレベルの問題の対応するためには、通塾が必須です。通塾なくして公立の合格はほとんど無理が本州の実績です。
基本、私立1本か私立・公立併願を主に取り組んできた志築塾ですが、この話を聞き、公立1本受験んの子のフォローも重要であると実感しました。勉強への取り組みは精神的成長のステップアップにつながります。遅ればせながら、公立中高一貫(開成受検)だけのお子さんに対応したいと思います。
夏講にお申し込みください。料金やカリキュラム内容を精査し、個別に連絡します。
志築塾は、夏講への参加を募集しています。

Trackback URL

コメントをどうぞ