中学受験「道コン発展編」の塾開催終了。好成績に感激!

6月29日、会場を借りて、今年初めて道コンに挑戦しました。
昨年まで小6チャレンジグランプリでしたが、今年から道コン発展編と名称変更されました。
これは公立中学受験にも対応するためで、従来の4教科に総合問題(適性検査)が加わりました。
通常の道コンは中学受験を目指すものではなく小学校での学習の到達点を見るもので、この発展編が中学受験対応であることと一線を画します。当塾は中学受験を目指す塾ですので、この発展編だけの参加をしています。今回総合問題がついたことで、公立・私立どちらの受験にも対応していると言えますし、既に周知のとおり、大谷・日大も適性検査実施になりましたので、とても素早い対応と言えます。
さて、昨年第一回の塾平均が222点でした。全体の平均より、17点低い結果でした。
当塾は成績の良い子だけが入れる塾でもないし、十分な成績に到達していなくとも、なんとか中学受験に挑戦したい子の集まる塾です。決して、全体より低くても教えていくことにかわりはありません。むしろSSの伸びこそを目的としています。
事実第3回では全体の平均点を6点上回る結果を出しています。
さて今年ですが、塾平均268点でした。昨年の全体平均を46点上回りました。
今年は、基礎力向上にしっかり取り組んできました。それが全体の向上につながったと自負しています。
ともあれ、おにかつ(かつら先生の別名(笑))、おにしち(今年からの別名(自称))の叱咤に耐え、頑張ってきた生徒さんの努力のたまものです。次回更に点数が伸びるようにチャレンジしていくつもりです。
なお、5人が300点を超えたことを報告しておきます。
道コンは、入試と比較して、易しくなっています。この成績に慢心せず更に努力願います。

Trackback URL

コメントをどうぞ