中学受験「日大プレテスト」難易度増した算数、少し易しくなった理科社会。

予想していた通りでしたが、理科社会は配点が変わった(100点→75点)せいか、少しやさしくなりました。
反対に算数は少し難しくなった気がします。
先ず、社会。地理問題はテキスト問題が多く、先日の立命館と比べて、かなり易しかったです。
しいて言えば、問10の3、水素を燃料とする自動車、燃料電池自動車でしょうか。
歴史も一般的。唯一論述問題となった秀吉の太閤検地と刀狩。
「刀狩により、兵農分離を勧め、検地により、秀吉による絶対的支配を確立しようとした。」でしょうか。(一揆を抑えるなどもいいと思います。)
公民問題では3大原則を中心に憲法問題。テキストをしっかりやっていると解る問題でした。
毎年こだわっていた時事問題も出ませんでした。本当に、変わりました。
理科。
天体(月・地球・太陽の基本問題でした。)めだか(理科の基本です。最近出ていません。)
ものの運動とエネルギー(計算が難しかったかもしれません。この傾向の問題はよくでますので、計算をしっかり覚えておきましょう。)植物(葉における道管・師管・気孔の働きをしっかり。)熱の伝わり方(伝導、対流、放射の基本)、気象(海陸風は基本)金属反応(塩酸と鉄と水素。実験の基本も。)川の働き(上流・中流・下流。緑のダムの働きも。)最後が音。理科はまるっとテキスト基礎問題でした。
算数、まずは3の図形問題が5問どれも難しかったです。
(1)扇方の一部を求める問題。角度から三角形の高さを求めるのがポイントでした。
(2)三角形組み合わせの角度問題。かなり難しいです。
(3)比を使っての図形問題(相似がポイント)
(4)相似な3角形を加えると解る問題。
(5)展開した円錐の側面の扇方の角度が90度に気が付くと解ける問題。
この図形問題で、全敗の子、最後まで行けなかった子など、続出。
4~7、難解な問題ではありませんが思考力を問われる問題。時間がありませんでした。
8はほとんど公立一貫問題。思考力のみを問われる問題。
4、切り取った図形の一辺が三角錐が立方体の一辺。
5、点対称の塗りつぶしが鍵。
6、1個の値段を1/9とするところが鍵。
7、速さの比は時間の比の逆比が解れば意外と簡単。
8、まるっとクイズ。最後の1枚を取らせるには、5枚残しが鍵。5×6=30。最後の1枚で31枚。したがって最初に先手1枚が必勝法。なにしろ難しかったです。
結果を見てから今後の対策を考えていきます。総合か4科かのアドバイスも学校からいただけるので、個別に連絡します。

Trackback URL

コメントをどうぞ