中学受験「来年度の塾生募集、締切のお知らせ」

平成28年1月からの新入塾および、継続塾生の募集を一旦締め切ります。
当初、通塾生は11月10日としてましたが、通塾および新入塾の応募が多いので、10月31日をもって、終了します。
今回の募集対応で、いく点かのご質問がありましたが、それに応えたいと思います。
4時半コースがマンツーマンでなくなること→算数など必ずしも、マンツーマンでなくとも、問題に取り組む時間ロスが生じるので、二人になっても、やっていける状況はそれほど変わらないこと。4時半コースの子は学校を終わってすぐやってくる子が多いので、スタートが4時前などになり、十分勉強時間が確保できること。実質的にテストの子もあり、ほとんどマンツーマンであること。現状、マンツーマンでなくなる可能性は水曜日の4時半のみであること。
現状、その利点を生かして早めの来塾生が増えています。
眠い遅いの7時半は、ゴールデンタイム。A君とB子さんはあえて、この時間を選択しました、志築先生とかつら先生が担当する可能性が高いからです。その時間は、中学生が多く、落ち着いた雰囲気で終わりまでしっかり取り組めること。受験生向きです。7時半コースはまだ少し残っているので、締切後でも選択できます。
週3講の有利点。特に算数を重点に考えた場合、単独の1講が組めるので、家庭での親御さんの負担が少なくなること。さらに、週2講から週3講は、ボリュウムがとんでもなく上がる6年生には重要なこと。
5年生で、週3を取ったのが、15名中14名でした。受験生にとっての週3の重要性を認識戴けたのだと思います。
さて、11月に、冬講の募集を始めます。受験生・塾生を優先しますが、新規受講も可能です。
お早目のご応募をお願いします。

Trackback URL

コメントをどうぞ