中学受験「2月5年生Bテストの結果」

今回は昨年4月以来の算数で驚きの100点満点が出ました!
過去最高点だったBとCに3科目までは負けていましたが、最後の算数で大逆転。
4教科でもトップになりました。
このトップ3は、さらに得点を伸ばし、トップは330点台に到達しています。
3人の特徴は、Aは算数、Bは理・社、Cは国語で断然のトップをとっていることと、
SS60を切る科目がないこと、つまり弱点がないことなんです。
勉強では、テキストでしっかり復習していることが言えます。
やはり裏打ちされた勉強量がトップ3の特徴です。
この3人は結局、年間でもトップ3でした。
さて、安定してベスト5を続けるDにも触れておきましょう。年間も4位でした。
過去、全国トップを数度取ったほどの国語力が特徴といえます。
また、その読解力は思考力にもつながり算数・理科が上位です。
眠れる獅子のお目覚めは、さていつになるんでしょう。
例年ですとトップグループの5位から10位は差のない得点。ここまでが例えば立命館一貫であれば合格可能圏です。
この5人、もう一歩トップグループに届かないのには理由があります。
HとKは理科、NとTとYは社会、Sは国語が弱点なんです。
春講でしっかり復習し、弱点を克服することが、次の成績につながることを知っておきましょう。
まだ完全に終わっていませんが、5年生Aテストグループや4年生も好成績が出ています。
結果が出しだい、分析します。

Trackback URL

コメントをどうぞ