志築塾情報「春講終了!」大賞発表!

3月20日からスタートしました春期講習会。
本講を合わせ380講を実施しました。
一人ひとりの状況と成長をしっかり確かめるため、かつら先生と二人で、208講取り組みました。
さすがに、12時間労働が続いたので、疲れピークでしたが、今後、話すべきことはしっかり伝えたつもりです。
よくここの分野が弱いとか、お話をいただきますが、もっと成長の観点で取らえると、取り組み姿勢や考え方で幼さが残っていて、その結果の一部として、弱点を持っていると思います。上位の子に穴がないのは、点数を上げるためには、苦手を作ってはいけないと思って、苦しくとも、弱点科目に取り組むからだと思います。
心の成長が、成績に連動していることを認識し、指導に当たりたいと思っています。
勿論、目的を達成するためには、保護者様の塾への理解と、生徒さんへの応援が必要なことは言うまでもありません。

さて、春講大賞決定しています。
まず、実験大賞は、2年から実験経験で新5年成績トップのISに決定。完璧でした。
準大賞は、同じく新5年のBA。実験も講習も楽しむ様子が、一段と変わってきました。今後に期待大です。
敢闘賞は新6年HS、レギュラー生ではありませんが、季節講習3期連続参加。今回は弟と一緒での参加。小学校での成績もよく中学受験も視野に入れているようです。
奨励賞はその弟の新3年HY。初参加ながら、実験に、勉強に積極的に参加。深海魚・危険生物の本が愛読書。そのマニアックさ、嫌いじゃないです。
次が、歴史大賞。今回、比較的進捗度の早い、7名に参加してもらいました。(予定では8名の予定でしたがこちらのスケジュール管理が悪く、1名、今日までに試験を終えることができませんでした。)
大賞は先取り6月テスト90点(社会)獲得の新6年MH。この時期で歴史90点は見事です。
準大賞は、なんと1点差、新6年TR。悔しい準大賞ですが、立派です。
敢闘賞は、MM。やはり高得点。FKも健闘を讃え敢闘賞とします。
最後に、春講大賞です。
大賞は新6年生のSR。最近、SRの試験対策の取り組みを真似する子が増えてきています。
良い習慣を塾内に広めてくれたこと感謝します。難問に苦しみながらも前へ進もうとする姿、さすがトップです。
一級下の大賞が続いてましたが、奪還しました。
準大賞は新5年TM。冬講に続き、テキストしっかり春講前。こういう子、伸びます。
前髪切りでチャーミング度もました春講でした。
もう一人、IS。スポーツに、頑張った冬でしたが、春講では勉強に力を注ぎました。
ノート活用は、評価できます。第3コーナーからまくってくるのは、ISでしょう。期待大で準大賞。
敢闘賞は、受験生顔になってきたNM、自覚が生まれてきたTR、取り組み姿勢が良いMY、通知表アップ、しっかり実力つけてきたKKちゃんに。
奨励賞は、TM、TA、TH、SUに送ります。
春講参加ありがとうございます。

Trackback URL

コメントをどうぞ