中学受験「札幌光星中学校塾対象説明会」

まずは今年の入試状況から。
志願者が283名に達しました。これは、H24年比較で、2倍になります。
受験者が最低だったこの24年は算数平均が35点でした。
翌年、大きく舵を切りました。模試で、当塾でも95点や85点取る子出たんです。
この影響は、塾生にも、理数一辺倒と思われた光星を受けてみようの気運を育てました。
以来、一貫して、60%が合格者平均の洗練された出題を続けています。
塾としては、目の前で何回も涙を流し一生懸命頑張って来た受験生が、
その実力で受かってくれることを本当に望んでいますので、このはっきりした方向感は本当に助かります。
運じゃなく実力で受かるということです。
進学も京大・札医大・北大など国公立20名合格。丁寧に力いっぱい応援してくれる先生方の熱意と力量を感じます。
2020年以降を見据えたしっかりした主体的な学力の養成とグローバルな人間作りに共感することが多かったです。

今日は、塾卒生ないしは塾生の皆に会うのがもう一つの目的でした。
中1から高3までの11名に会うことでした。
くまなく6か年のすべての教室を歩いたんですが、ちょうど授業の変わり目で、結局、5人にあえただけでしたが、
二人の1年生には、「楽しいかい?」と声をかけたら、「楽しい!」と笑顔を返してくれました。
会えませんでしたが、生徒会長のKT君、家族で写っていた1年M君の兄のKG君。写真からしっかり成長した姿を見て取れました。
来年は多く生徒が受験予定です。応援します。
なおプレテスト、10月30日と11月3日です。

Trackback URL

コメントをどうぞ