中学受験「2017道コン発展編第一回開催」


昨日(18日)、ハミルトンホテルで8時半から6年生参加で実施しました。
午後(1時~3時)からは、解答解説を実施しました。
マンツーマンのため、当熟は生徒同士のつながりが少ないんですが、その上今年の6年生は学校がバラバラで、なおさらつながりの少ない世代です。昨日まで他の子の名前も知らない子が多かったのですが、解説をしているうち、すっかり覚えてしまったらしく、終わりころには名前で呼び合っていました。(中学校に入ってから、同級生になり、同じ志築塾出身と知り、友達になることも多いようです。)真剣にテストに取り組み、その後、しっかり聞いていましたが、和気あいあいのテスト解説会になりました。
さて、テストの結果です。昨年は、理科が易しく(80点取っても、名前が載らない。)理科の平均点79点でしたが、今年は難しかったのですが、それでも平均点64点でした。また、ほとんど受験算数をやっていない入塾したばかりの子を除くと平均点67点でむしろ最強世代の昨年を3点上回りました。4教科平均点は271点。過去2番目の成績でした。また、300点を超えた子も4名おりました。接戦の続くこの世代は、今回もトップと最下位の差が85点(昨年173点)と100点を切っています。誰がトップをとってもおかしくない状況が順位にも反映しました。
4月テスト10位、5月テスト5位と伸び盛りのIMが接戦ではありますが、トップに躍り出ました。
実力NO.1(半年でトップ4回)のKMが小差の2位(本人はケアレスが多かったようで、不満の様ですが)。
3位はそれまでの下位から4月6位・5月3位、やはり伸び盛りのTMがやはり小差の3位。
4位は実力ありながら4・5月テスト、振るわなかったKKが、見事に実力発揮、この位置に上がってきました。
しっかり着々と勉強した子、上位を占めました。
FRは国語が悪く上位ではありませんでしたが、算数トップはおおいに評価できます。
スルスルと中位まで上がって来たSUは。理科トップを取りました。
IKは入塾間もないながら、国語トップタイ。今後が楽しみです。
実は上記6名中、男子は1名。もう一息でトップクラスのIS。月例テスト上位のSR。最も早く5年次3強の一角を落としたKR。瞬発力ある男子の今後の奮起!期待します。

Trackback URL

コメントをどうぞ