中学受験「6年生7月テスト」少し抜け出した2人。追いつけ追い越せ、誰にでもチャンス!

国語トップ84点、2名。国語の成績は、順位に影響。この二人が総合ワンツーです。
算数は団栗の背比べ。60点台に7名。混戦の中、最高点80のKMが総合、制しました。
理科は久々平均点高得点の81点。社会は少し落ちて70点。
この二科目、得意のYAがまたまたダブルトップ、合計180点。
4教科平均、284点。先月から6点アップ。
SS60を超えている、KMとTMがワンツー。
ISは先月から20点アップ。SRとKRも18点アップで続きます。
特に4位から8位は280点台。志望校合格圏ながら、これからの順位で、志望校合格可能性が大きく変わります。
まさに、8月が正念場。
今年の6年生は本当に、性格がいいと思います。他を批判することも、自己主張をすることもありません。でも、自分を超えていくためにも、自分と向き合って、この戦いを乗り越えていってほしいと思います。
中学受験を高校受験の前哨戦と考えたお子さんは、決して成績が伸びることはありません。中学受験が目標、つまり、「あの中学へ行きたい」が、成績を伸ばし、合格へ繋がって行きます。くれぐれも、中学受験を高校受験の前哨戦としないでください。
「頑張るのは今でしょう!」大輪をつかめるのは、今と向き合った子なんです。
今年、そんな子(高校受験の前哨戦)が多いです。SR・YA・FR・KRの成績が伸び悩んでいる原因です。
もう一度言います!「栄冠は、必死に望むものに、与えられる!」
中学受験で行きたい中学に合格することを応援するため作った塾です。
「高校受験の前哨戦」としてやっている塾ではありません。
希望の中学校へ合格させるための塾です。
さてさて、この夏、彼らの夏とその個性と潜在的特性に、向き合うことになります。
個々の違いが明確になってきています。
毎日、かつら先生と話し合っています。どう育てていくべきか。
僕は、嫌われるべく夏を、彼らのために過ごします。
乞うご期待です。

Trackback URL

コメントをどうぞ