中学受験「ついにこの日を迎えました。」

明日の立命館・北嶺を皮切りに、札幌地区中高一貫校の受験が始まります。
今年の受験生は過去になく差が小さく、毎回順位が入れ替わる大混戦世代でした。
ちょっと目を離すと勉強量が減っていたり、落ち込んでいたりします。言って聞かせたり、叱ったり、ほめたり、それは忙しい忙しい毎日でした。それでも、ここ1か月くらいは、塾にあるテキスト以外の問題集や暗記の本や、テストなどを時間より早く来たり、遅くまで残ったりして勉強していました。
冬講に入って、大家さんのご厚意により、入居前(3月入居)の部屋を日割り計算で、貸していただきました。
朝9時から夜9時までいた子も少なからずいました。
この子らにとってこの経験は、本当に先に行って役に立つと思っています。あまり勉強せずに、受かった子は、そのほとんどが中学へ行って、成績が低迷します。受験目指して一生懸命やった子は、その後中学に行って伸びます。
立命館で3年前、2年時SPへ上がった子、今年2年時SPに上がれそうな子、北嶺・日大・光星・藤で頑張っている子も、中学受験で頑張りました。今年の6年生、合格後の活躍期待大です。
ともあれまずは、入試に臨むことから始まります。今年は、上がる子が多いので、本番緊張するかもしれませんが、結果を恐れずチャレンジすることが大事だということいっぱいいっぱい伝えました。
ウルウルになりそうだったんで、いつもは外まで送るのですが、今日は玄関で別れました。
「君たちはいっぱいいっぱい勉強した!戦えるだけの力は十分についている!力いっぱいやって来て!志築先生とかつら先生が付いている!頑張れ!」

なお、自習室は今夜片づけました。勿論、従来の塾室で自習できます。

Trackback URL

コメントをどうぞ