中学受験「4月テストの結果」6年生テストから来年の受験を考察します。

4月テストは来年度の入試を占う上で重要なテストになります。
1昨年、4月テストで300点を超えた4人が立命館SPに合格。
昨年もやはり300点越えから立命館SP、日大SAを出しています。
なお、立命館SP合格者の中で受験日が一緒で北嶺を受けなかった2名は北嶺に合格していたと思います。
これほどはっきり入試を占えるのが4月テストの特徴です。
原因は、3つと考えます。
①この時期にしっかり受験を意識して勉強をしていること。
②4月テストは5年までの総合力テストで地力が反映すること。
③入試は5年分野もかなりでるので(算数の鶴亀算などの基礎応用、言葉の決まりなどの言語力、工業・貿易などの地理、電気・気象など5年までに終了する理科分野)5年生後半の勉強をしっかりやって来たかが問われること。
だと分析しています。
さて、今年の6年生、3名が300点を超えました。昨年と同数ですが、3人とも310点を超えているので、昨年以上の成績と思います。この3人と惜しくも300点越えはならなかった1名を加え今年の受験シーズンをにぎわしてくれると楽しみにしています。
総合力抜群の女子Y。算数が得意ながらここに来て他の科目が伸びてきた男子R。算数はわずかにRに及ばなかったもののもう一つ得意の社会でダントツトップの男子Y。2月2位、実力派の女子K。この4名が更なる上位を目指します。
志築塾の目指すのはご存知のように全員志望校合格。
4名だけに注目しているわけではありません。
過去のデータからBテストで、立命館一貫260点、日大A240点、光星230点が合格圏と予想しています。
(勿論、この点数をクリアーしながら頑張りが足りなくて不合格だった子もいます。でも、過去通算各校1名程度です。)
日大志望のKは、今回ジャンプアップ。合格圏突破!立命館志望のYも合格圏クリアー。Hは立命館志望ですが、僅かに足りず(2点)、今後に捲土重来を期します。光星志望のTは合格圏。Yも光星志望。Bテストではまだ足りませんでしたが、Aテスト光星合格圏の300点越え。最近になって志望校変更にもめげず、勉強量豊富で、頑張り屋。志望へ導きたいと思います。
志築塾は個別に親御さんと面談するとともに、生徒さんと話し合っています。やる気を引き出すことと弱点克服が現在の課題です。厳しいこと言いますが、お子様の未来のためです。ご理解頂きたいと願っています。
志築塾は頑張る生徒さんを応援します。

Trackback URL

コメントをどうぞ