中学受験「冬講、過去最高の826講座」募集終了!

1月7日から激しい受験戦争が始まりますが、冬講は6年生を合格へ導く、年間で最も激しい戦いを強いられる期間になります。僕たちは最後の最後まで応援します。
6年生、今年は例年になく危機感のない6年生世代なので、心配してます。各中学主催の模試ではそこそこいい成績を上げたのですが、そこから先の頑張りが今一つの現状です。難関コースの子たちより、標準コースの子が伸びています。今まで悔しい思いをしてきたからこそ、ここに来て、伸びてくるのです。大事なのは合格したいという気持ちです。標準コースの彼らこそ、その願望が強いのです。伸びは当然と言えます。
Aに足りないのは、難易度の高い算数の問題への必死の取り組み。
Bに足りないのは、これまでにない勉強量。
Cに足りないのは、自己賛美ではなく、もがき苦しむがむしゃらなチャレンジ精神。
Dに足りないのは、下を見るのではなく自分の弱点を乗り越える強さ。
Eに足りないのは、自分の限界へのチャレンジ。
Fに足りないのは、過去の自分との決別と妥協しないこと、などなど。
足りない揃いの6年生、ここから自分を知り、自分の限界へチャレンジする1か月になります。
勿論、次の主役5年生。今回、スーパ―グレードアップコース(6年なみの受講回数)をとった4・5年生が
6名と本気モードが最高です。
緊張感あふれる楽しい冬期講習会にしたいです。
期間中、塾に合格発表がもたらされます。歓喜にむせびます。
それ、5年生以下に対する冬講効果だと思ってます。
今日で、冬講募集、閉め切ります。(新入塾生のまだ申し込んでない冬講受講は、大丈夫です。)
今回、小学生の受講が3年生の1名を除いてほぼ全員参加でした。
ご理解とご支援に感謝します。
精いっぱい生徒さんを応援します。

Trackback URL

コメントをどうぞ