中学受験「志築塾の2018」その1

今年1月、合格発表がありました。
全体のレベルとしては、近年にない低いレベルでした。
覚悟して受験生を必死に応援しました。
結果、なんとか、立命館SP1名・日大SA2名を含む合格数過去最高の36を記録しました。
その後、塾生として頑張った2名が日大SAに3月合格しました。また、同じく中2の塾生5人目となる立命館SPに学年ベスト10以内で、上がりました。
中二RNはR校学年トップ。同じく中2HKはSK校学年トップ。
F校、高2、KTはロボット世界大会優勝。
指導冥利に尽きる結果でした。
僕が目指す中高一貫の素晴らしさを満喫した1年でした。
当塾は、中学受験専門塾です。中高生の指導はごくわずかです。
それでも、塾出身生の中高での活躍を心から喜んでいます。
当塾は僕が老後に描いていた夢でした。
昔から教育することが好きで、どんな仕事についても、教育の観点から人を育ててきました。
昔、1日1200軒をボーナスセールで回ったことがあります。足の裏に血豆3つ。
そのせいか、次の日から鳴りやまぬ電話に、支店長から顧客にこたえるため、30分店を遅く出るように命じられました。まだ入社3年目ながら、全店トップの成績(獲得口数ですが)をあげました。
僕は今でも塾生に言います。努力はきっと報われると。
秋になって、多くの元塾生が訪れました。
塾をやっていることがこんなに楽しかったことはありません。
来年1月、中学受験戦国時代の始まりのベルが鳴ります。
僕は言います。SAやSPを落ちたとしても、自分の行きたい学校に行け!と。

Trackback URL

コメントをどうぞ