‘中学受験’ カテゴリーのアーカイブ

中学受験「札幌日大塾対象説明会」入試は、7日・9日の2日間の実施!

2018 年 6 月 17 日 日曜日

特待生制度を実施。7日に実施。7日の20時合格発表。特待A(入学金・授業料無料;10名、勿論SA)、特待B(入学金・授業料半額;10名、勿論SA)、SA、Aが決まります。9日は再度受験が出来、7日でAも、再チャレでSAもありです。専願・英検優遇、最大50点の加算。
今年、3名がSAに入学しています(入学塾生全員SA)。授業を見てきました。24名の少人数。あっちこっちから声が出て、生徒さん参加で授業が進んでいきます。3人にもよく聞きますが、毎日楽しいと答えます。どうやらSAが学内をアカデミックに変えていっているとのことです。いい授業見せてもらいました。
さて今年も、東大1、国公立大医学部医学科9、難関国立大21と実績を残しました。
医学部目指す高校生の塾生がおりますが、この少人数がいいんだと言ってます。
SAはまだ2年。先が楽しみです。
さて、道コン(進学舎)の社長だったUさんが高校の先生になりました。以前から交流があり、北大法学部の後輩だけに、今後の活躍を期待します。

中学受験「第一回道コン発展編」終了。300点以上5人!

2018 年 6 月 17 日 日曜日

本日(6月17日)、今年の第一回道コン発展編を実施しました。
会場を借りて、外部で実施するので、受験体験の最初のテストです。
2週間前、昨年度の問題を模試として実施しましたが、235点の平均点で、決してレベルが高くはなかった昨年より35点も低い平均点でした。思ってはいましたが、あまりにも低く正直慌てました。この2週間多くを対策に充てました。厳しく厳しく接し、多くの問題を解かせました。昨日も、ほとんど寝れていません。今日は4時半まで食事もとっていません。そして試験が始まりました。
意外とリラックスした雰囲気。何か起こる予感。
結果出ました。平均点は266点。昨年より5点低い平均点に留まりました。
しかも、300点越えが5人(昨年3人)。トップも337点の高得点(昨年314点)。
良い結果が出たと僕は思います。今日はみんな、本当にめんこかったです :smile:。
1時から3時までほとんどの6年生の参加で解答解説会、実施しました。
正答にみんなで盛り上がり、わからないところは教え合ったり、楽しく交流できた2時間でした。
4教科解説の志築先生のギャグは滑りっぱなしでしたが、皆笑ってくれました。
さあ!ここから6年生は受験までしっかり勉強して行きます。志築先生とかつら先生は鬼になります。
これから苦しいところを乗り越えていく 生徒さんをどうか応援してください。

中学受験「夏が決め手!君の未来にアクセス!志築塾夏期講習会開催!」

2018 年 6 月 10 日 日曜日

受験まであと7か月。本番さながらの模試(立命館模試9月30日から4校での模試)まで、あと3か月となりました。ご存知だと思いますが来年の入試、少し変わります。立命館が1月7日・8日の二日続けての入試で、SPと一貫の試験を分離、特にSPは成績一本での判定。(SP合格者これまで11名。入学9名入学後2年時2名。通学生22名中11名SP。)北嶺・日大SAの難関3校の受験が可能になりました。競争激化と言えます。光星は英検4級以上で20点の加点。大谷英数選抜は、模試実施、特待生制度の導入。この2校も要注意です。
そこで、従来の講習時間によるコース分け(ジャンプアップ・グレード・ステップ)に加え、今年は受験校の難易度を考慮し、超難関コース・難関コース・標準コースに分けたいと思います。超難関コースは北嶺・立命館SP・日大SAが目標。難関コースは立命館一貫・日大A・大谷英数選抜・光星が目標。標準コースはそれ以外の中学またはコースが目標。
 6年生!最も勉強に差の着く夏。合格を左右する講習会です。8回自習室も開放。受講時間の1.5倍の自習時間保証します。
 5年生!指導で一番難しい年代です。心も体も成長期に入る一方、勉強が難しくなります。先生方が寄り添い根気よく勉強を教えます。
 4年生!受験前になるといつも気が付きます。受験のスタートが4年生の勉強であったことを。4年時の勉強は、受験にしっかり影響します。
 3年生!基礎を身に着ける大事な時。2年生!勉強習慣を身に着けます。1年生!勉強の楽しさを覚えます。
さあ、今年も特色ある特別講習実施します。みんな大好き理科実験。苦手な作文に挑戦、作文講習。人気の歴史講習。覚えて楽しい英語講習。
 要領は下記となります。ご参加ください。

         記

1、 日程   7月22日(日)から8月19日(日)
(8月11日(土)・8月12日(日)はお休み。)
(なお、本講は8月11日(土)から8月17日まで休みます。) 
2、 コース  
小学生
「6年生」はジャンプアップコースのみで、志望校により、超難関コース・難関コース・標準コースから選択。
「4年生・5年生」は下記3コースから選択。超難関コースはジャンプアップ・グレードアップのみ。難関コース・標準コースは3コースから選べます。
「1年生・2年生・3年生」はステップアップコースのみ。超難関コース・難関コース・標準コースの選択は必要ありません。
 ジャンプアップコース(3時間10講・4教科)受講料8万1千円。
 グレードアップコース(3時間5講・4教科)受講料4万3千2百円。
 ステップアップコース(90分5講・2教科)受講料2万2千5百円。
 特別講習 (1講90分) 4500円 作文のみ3講まで、他2講まで。
 中高生コース        
    英数コース(3時間5講・英数)     4万8千6百円
    英または数コース(90分5講)     2万7千3百円    
       
3、募集期間と方法 6月17日(日)から 満杯になり次第終了。
    申込書(塾生のみ)・メール・電話(011-642-5005)など。
4、講習料納入期限  7月9日(月)
5、講習日程は申込み順に決定します。             以上

中学受験「立命館慶祥塾対象説明会」SP一期生の確固たる実績。

2018 年 6 月 8 日 金曜日

今年の進学は東大5名・京大4名、国公立医学部医学科14名。旧帝大35名。早慶13名。(北海道人的分け方ですが。)立命館への確固たる進学を約束されているにも関わらず、この実績はひとえにSPの成功と言えると思います。説明会の最後に右谷先生がいつも以上に熱のこもった「SP成功に校長とともに安堵した。」とのコメントに、こちらも胸熱くなりました。
SPには当塾から9名合格(合格11名中2名は北嶺。)2年時SP2名を加えると11名。立命館入学生22名中11名SPです。
今回の学校案内パンフレット(表紙を入れて132ページ)にびっくり。
厚いせいもあって、たくさん当塾の子が出ていました。
早速、塾生が閲覧できるようにしました。

さて、来年の入試、大きく変わります。問題サンプルを検証しましたが、算数は今年の北嶺以上、記述の多い他科目は、難易度が増します。
厳しい戦いとなると思いますが、一生懸命導きたいと思います。
入試日は1月7日(一貫)・8日(SP)。7日、SP15名程度。8日、60名程度。SP2クラス。10名程度の入れ替えあり。
意義ある楽しい学園生活を勝ち取るため、この厳しい受験勉強を勝ち抜いてください。応援します。
なお、現在行っている「記述対応作文講習」を継続しますが、夏講ではさらに時間を割き実施します。

中学受験「札幌聖心中塾対象説明会」グローバルとサイエンス一本化。

2018 年 6 月 5 日 火曜日

いつも学校での説明会なので、生徒に会えることを楽しみにしていました。
残念ながら今年はホテルでの説明会だったので、生徒さんには会えませんでした :cry:
今年は受験生・入学生とも若干増えました。
当塾からも今年3名受験、3名合格しましたが、入学者はいませんでした。
これまで12名合格していますが、入学したのが3名。
他は藤6名、光星3名となっています。光星は共学なのでまだしも、藤も女子校なので、
聖心の良さを訴え切れていない気がします。
今回も高3がほかの学年の子に英語でインタビューするビデオを見ましたが、高3の子たちの英語の流暢さと発音のきれいさは抜群なものがあります。中1から高3までの英語力の成長をしっかり見せてもらいました。ビデオで生徒さんの英語力をしっかり見せてくれるのは聖心だけです。世界に系列の学校が140校以上あるので、ほとんどホームステイが出来、研修費ホテル費無料で、海外が体験できるのも魅力です。また、東京にある聖心女子大への無試験での道があり、その大学の就職率も98%となっています。
副教頭で入試広報の市川先生はじめ、熱心な指導の先生方もたくさんいます。
入試日は1月8日。二次が2月2日にあります。
是非、学校訪問してみてください。

中学受験「5月テスト結果出ました。」

2018 年 6 月 4 日 月曜日

6年では、1点差でWSが初のトップ。
3位に久々MDが入りました。
1位・2位は北嶺(男子であれば)・日大SA合格圏。立命館SPにあと僅か。
7位まで立命館・日大合格圏。
いよいよ本番に向けて上がってきました。
5年生以下も触れておきます。
5年、トップは変わらずYM。4月は僅差のトップでしたが、5月は余裕の28点差。
SSは北嶺・立命館SP・日大SA、超えています。
2位はMK。志望は大谷英数選抜。
最近YMに負けていましたが、目標もはっきり。特待を目指します。期待します。
なんと3位は、2位と1点差で二人。ここまでSS60台。
4年、SS70台の激しいトップ争い。先月MMがSS72で全国5位。今月はUNがSS71でトップ。
全国順位も気になるところです。
Bテスト組の4・5・6年生が最低目標のSS50を全員クリアー!すごいっ!
これから夏に向け頑張る塾生を応援します!

中学受験「札幌大谷中塾対象説明会」11月23日模試実施!受験日は1月7日。

2018 年 5 月 31 日 木曜日

4月から中学の校長先生が変わり阿部校長が就任しました。熱弁の1時間半でした。
目指すはかつての英数選抜。学内をまとめられる校長だと思いました。きっと生まれ変わります。
その一つが、模試の実施。11月23日、結構難しいテストになりそうです。4つ目の模試。是非受けてください!
次が、特待生制度(授業料・入学金免除(成績が維持されれば2年目以降も免除されます。)、数十名程度)の実施。
(模試は特待生の1次選考となります。)
さて、今年も京大1名、医学部医学科はじめ北大に5名、札医大1名、東北大1名、九大1名。
早稲田に4名、上智2名、愛知医大医学科1名、青学1名、立命館2名他
と立派な合格結果です。
中3の短期留学(3か月)も大谷だけ。
私学の特徴を大いに生かした6年は魅力的です。
復活本気です。今後、人気になってくると思います。
1月7日は立命館の入試日。2次試験(適性検査)が12日にあります。
立命館志望の生徒さんはこの12日の受験を勧めます。

中学受験「北星中学塾対象説明会」受験日は1月10日。

2018 年 5 月 29 日 火曜日

当塾から今年は1名のみの受験となりましたが、特待に認定されました。残念ながら併願だったので他の学校への入学となりました。
北星には北大や医学部に合格するなどの優秀なお子さんもいますが、勉強の理解に時間のかかる生徒さんもおります。
そんな子ほど手がかかるもんです。北星は情熱のある先生が生徒に寄り添いじっくり教えてくれます。
数年前になりますが、僕が、北星を勧めたお子さんがいます。北星ならば、高校からでもとお母さんは賛成されていませんでしたので、お母さんを説得すべく長い長いメールを送りました。生徒さんにとって、中学3年間が大事なこと(基礎からしっかりやるという意味で)、先生が熱心なことを解きました。その後お母さんからは連絡がなく、本人から北星に合格した旨電話がありましたが、残念ながら冬講には参加していただけず、合格パーティも不参加でした。
それから2年を経過したある日、突然、彼女が塾にやってきました。「(今は)ここでやってるんだ。学校に近いね。」「学校楽しいか?」「うん、楽しいよ。」「勉強は?」「まあまあ。」「ついていけてるか?」「うん、ついていけてるよ。」「(入学して)良かったか?」「良かったよ。」
移った塾を見つけるのに時間がかかったようですが、来てくれました。入学を勧めて良かったと心から思いました。
北星の皆さん!通学路に塾があります。勉強のこととか何かありましたら、是非、ご一報ください!

中学受験「光星中塾対象説明会」英検4級+20点!

2018 年 5 月 25 日 金曜日

今回の説明会は、初めて学校ではなく、外部で行われました。
残念ながら毎年、楽しみにしている生徒さんに会うことが出来ませんでした。
中学受験専門の当塾にとっては、現在通塾していない中高生が多く、この機会が年一回生徒の顔を見に行くチャンスなので、残念です。光星は生徒同士の結びつきがとても良く、生徒の礼儀正しさに加え、クラスの雰囲気がいいのが光星の特徴と思っていますので、これからは学校でやってほしいと思います。
さて、今年は、京大2名、一橋1名、北大医医1名、北大6名、札医1名、旭医1名などでした。
立派な結果だと思います。
さて、今年の入試の結果ですが、282名の受験で、近年最大でした。不合格者も79名と過去に記憶にない多さでした。来年は英語4級以上が加わりますので、以前にも話したように、かなり合格が難しくなると思います。
入学時、決して高くない成績の子をいい大学に合格させることが出来ると認識していた中学だけに、合格が厳しくなるのは少し残念です。
さて、当塾もそれなりの対応をすでに取っております。英検既取得の生徒さんは立命館個性入試希望が多いので、当塾の来年の光星受験生(6年生)はほとんど英検4級を取っていません。彼らにはすでに、全員英検4級取得を義務づけました。つまり5教科での勉強を指示しています。また併願をすすめ、他の学校も検討するよう提案しています。
入試は1月10日(木)です。厳しい環境ですが、精いっぱい応援します。

中学受験「北嶺中塾対象説明会」道外勢41名、道内勢87名。

2018 年 5 月 23 日 水曜日

受験者数79名増加、出願者倍率5.2倍から5.9倍。
本州受験生が増えたこと、一般で受験(ほぼお試し受験)し、本州有名私立を受かっていたのにも関わらず入学にいたった子が0名から8名に伸びたことなど、本州進出が確実に実績に繋がっているようです。
当塾でも、東京から転居した生徒さんに北海道へ行ったら「北嶺」と紹介されるぐらい全国的知名度が上がってきているようです。今年は東大13名、京大2名で、道内トップ。指導の力は折り紙付きです。
合格確定が遅れたのは本州勢の結果を待っていたとのことです。
やはり、道内勢にとって難易度は増しているようです。
中高一貫SPの初の卒業生を出した立命館の東大5名・京大4名の実績、2年目で人気急上昇日大SAも、視野に、受験を検討されるのがいいと思います。
さて、点数配分が変わった初年度の入試でした。
専願・併願の合格者平均点(これが道内勢の目指す目安)、国語73点(61%)・算数87点(72%)・理科45点(56%)、社会51点(64%)、理科が多少難しかったようですが、平均60%に落ち着き、しかも、正規分布に近いテストだったと言えます。
北嶺受験希望生には、算数が得意な子が多いようですが、このような結果は、4科目をまんべんなく得点できる子に有利と言えます。穴のない勉強が勝利をつかむキーポイントと思います。
最低点は専願で55%を超える事、安全圏は60%(北嶺側の説明)。
希望者の多い青雲寮コースはさらに上の様です。
来年度も変わらない入試で、受験日は1月8日(火)です。