‘志築の回顧録’ カテゴリーのアーカイブ

志築塾の歴史「たった一人の通塾生」

2022 年 10 月 2 日 日曜日

それまで建設会社の副社長をしていましたが、12月いっぱいで辞めるつもりでいました。
その後は、学習塾をやりたいと思っていたので、10月からホームページの開設など準備を進めました。
再就職か、それまで培ってきたノウハウを生かし、経営コンサルタントもやっていこうと考えていました。
知人の紹介で企業の経営顧問を1社と数社からの就職オファーがありましたが、すでに、建設会社はやめていたので、
なかなか思うようには決まりませんでした。学習塾の方はお子さんの勉強に関する質問ばかりで、しかも通塾不可能な場所からの問い合わせばかりで、入塾に関する問い合わせは一本もありませんでした。そして半年が過ぎました。もうあきらめようとしていたら、知り合いからの紹介で1本の電話が入りました。入塾したいとの電話でした。実はまだ場所さえ作っていませんでした。近くの文房具屋から小さなホワイトボードを買い、本屋へ行ってテキスト用意し、テーブルは食卓テーブル、畳の部屋に木製の敷物を敷き、急場の教室を作り出しました。それから数か月、やっと塾生が増えてきました。でも、算数大嫌いな子・不登校の子など概ね問題のある子でした。でも、この苦労がのちに生きてこようとはまだ気が付いていませんでした。最初の子は翌年、光星・藤・聖心に合格。光星に入学しましたが、優秀なお子さんでした。塾を初めて1年足らず、息子が生まれました。最初は僕が19講で、カツラ先生が2講でしたが、一年後には半々になっていました。退院した日にカツラ先生は授業をしていました。入院中、授業を一人で僕がやっていたので、眠くて、パソコンで仕事をしている最中に、そのまま床に落ちて、頭を打ち、差し歯が飛び出し割れてしまいました。そんな日々でしたが、なんか教える楽しさがわかってきたような気がしました。2年目は6名。立命館1名・日大3名・光星1名・藤1名・北星1名・大谷2名、合格数9個を獲得しました。岩見沢や北広や室蘭など遠方多かったですが、確かな実績を残してくれました。

志築塾情報「今日から塾開設15年目!」卒塾生に感謝!

2022 年 10 月 1 日 土曜日

志築塾は、今日から15年目に入ります。
「アットホームな塾」「生徒が来たがる塾」をモットーに、ここまでやってきました。
1学年10~15名程度を限度とし、あくまで、塾生に目の届く少人数での塾を目指してやってきました。
これまでの卒塾生(中学受験生)128名で、合格数281個を獲得しています。光星が71人。立命館が63人(うちSP24人)。日大42人(うち特待4名・SA21人)。藤30名(うち特待1名)。北嶺6名(うち青雲寮2名)などの実績を残しています。
でも、最初から順風満帆だったのではなく、山あり谷ありの滑り出しでした。5年目で、塾が拡大傾向にあったころ、3名の生徒さんを受験に失敗させてしまいました。この3名のうち2名が2校。1名が1校受験しましたが、全て落ちました。一時は塾をやめてしまおうかと考えましたが、僕とカツラ先生の目が届く・手が届く塾にしようと、円山クラスの横のビルにあった分室を閉鎖。ギューギュー詰めでしたが、自宅(本部)に塾生を一本化し、再起をはかりました。以来全員合格を続けています。上記の中学に合格しながらも、公立へ行った子がこれまで2名しかいないのも、中学受験専門塾ならではと言えると思います。これらの卒塾生はその後、京大・阪大・東北大・札医大・早大・慶大などをはじめいろんな大学に進学しています。
個別(マンツーマン)にこだわり続けている理由は、個人個人発展段階や習熟度が違うこと、先生と自由に会話することで、わからないところがわかったり、興味を持ったりすることができること。いろんなテキストや問題集を使っていけることなどです。特に弱点克服の個別プリント学習は効果的だと思っています。
今、18時前です。自習は自由なので、先生のいる講習は4つだけですが、6年生9人が残って自習しています。解らないところは志築先生やカツラ先生に聞いてきますが、今は静かに真剣に自習しています。みんな強いきずなで結ばれています。仲間です。個別でありながら、仲間意識が強くなるのも、当塾の特徴と言えます。
今日から、少しずつですが、これまで14年にわたってみてきた子供たちのこと、話していきたいと思います。

暑い夏の熱い戦い!もっともっと上を目指せ!  第13回志築塾夏期講習会開催のお知らせ

2021 年 6 月 14 日 月曜日

 本年度も、志築塾では、夏期講習会を開催します。
 受験に向けて、最大のお休みとなります。昨年は夏休みが短く、十分とは言い難い夏期講習会になりましたが、今年は例年通りの実施になると思いますので、充実した夏期講習会が開催できるものと思います。
今年の大学合格状況は、京大・東北大など、卒塾生によって、多くの実績を残しました。中学受験が大学受験に大いに影響していることがわかります。未来の東大生・京大生・北大生・医大生を目指し、今年も夏期講習会にしっかり取り組みたいと思います。
今年は、北嶺2名(星雲寮1名含む)・札幌日大SA4名(特待2名含む)・立命館慶祥SP4名・札幌大谷医進選抜2名(特待1名含む)はじめ多くの実績を残しています。
また、今回の夏期講習も通常の夏期講習テキストを使った講習を中心に取り組みますが、理科実験講習・歴史講習・作文講習・英検講習など、特別講習に取り組みます。楽しめる講習会にしたいと思います。
今年は、志築先生、かつら先生はじめ、16名の講師がお待ちしています。また、個人個人を重視し、決まった夏講テキストだけでなく、個別に到達点に基づいたものを使った講習会にしたいと思っています。
6年生には、9月から始まる本番さながらの各中学校の受験模試(プレテスト)が始まります。そのためにも、夏期講習会は大事です。多数、ご参加ください。
日程 7月18日(日)から8月17日(火)まで
(なお、夏期講習会は8月15日(日)と16日(月)はお休み。)
(また、本講は8月10日(火)から16日(月)までお休みします。)以上
*外部講生(過去に受講のない方)も受講可です。
以上

中学受験「札幌光星中学塾対象説明会」今年初めてホテルで開催。

2020 年 6 月 26 日 金曜日

ホテルでの開催は、今年初めてでしたが、一つの机に一人とソーシャルディスタンスをしっかり取ってありました。勿論全員、マスク着用。安全をしっかり心掛けた開催でした。
今回は10年以上志築塾を担当していただいていた駒井先生が校長になられて初めての説明会でした。
この3か月の休校中の取り組みと苦悩をしっかり説明していただきました。校長が各部門での先生方のお話をつなぐ形で説明会は進行され、とてもわかりやすい説明でした。誠実な駒井先生の色が出た説明会でした。駒井先生が目指してられる光星の未来にさらに一歩近づいたことを実感できる説明会でもありました。
さて来年の入試ですが、1月10日(日)と例年通りです。試験のレベル内容も変わらないそうです。
英検加点(4級以上)20点も変わりません。
模試は11月1日(日)で一日だけになりました。
来年は立命館とは試験日が重なりませんが、難易度は変わらないと思います。
僕にとっては今年唯一不合格者を出していますので、僕にとってはリベンジです。
受験希望者をしっかり応援していきたいと思います。
オンライン説明会は、7月4日、11日、18日。
学校見学会は、8月22日、29日、9月12日。
学校説明会は9月26日ですが、いずれも申し込みが必要です。
今年からネットで受け付け、抽選の様です。
問い合わせしてみて下さい。

中学受験「たった6人だった黄金世代!」

2020 年 2 月 1 日 土曜日

塾を初めて4年目。初年度は一人。二年目は4人に増えました。三年目、6名。
4年目、やはり6名でした。全員志望校に合格したので、合格パーティを初めて実施しました。
ホール景気が3個。まるで結婚式場の様でした。人生ゲームで盛り上がり、ケーキは、いちご争奪じゃんけん大会となりました。塾生と近い距離で、この祝賀会を開けたことが、かつら先生と二人、やる気を増幅させる結果となりました。
Aは、舞台を続けながら、大阪大学法学部へ。Bは、スキージャンプの経験を活かし、早稲田へ。Cは関西系パフォーマンスドールで活躍のまま、英和女学院へ。Dはロボットの経験を活かし、日大へ。Eは母の後を追うように保育士を目指し、札幌の短大へ。FはEXILのバックで踊っていました(凄い!)が、その後、音信不通です。彼らの活躍、思い起こせば、すごい活躍で、たった6人の黄金世代と言えます。
志築塾の目指すのは、未来に向かって、チャレンジしている子供たちの発掘とおもっています。
立派になった姿を思い描き続けながら、これからも塾をやって行きたいと思います。
志築塾は、頑張る生徒さんを募集しています。

9月からの自習についてのお願い。

2019 年 8 月 29 日 木曜日

現在、無料で受け入れています平日と土曜の自習希望のお子さんですが、大変増えてきていますので、9月2日(月)以降の平日と土曜の自習は受講日の1講とさせていただきます。なお、一日2講受講の生徒さんは、他の日での90分の自習可能です。また、当面7時半からは、受け入れられる範囲内で、自習自由とします。勿論7時半から受講のお子さんは、それ以前の時間で自習可能です。また、中高生は、本講日以外に土曜2講分の自習可能とします。
現在5年生も多く、勉強に積極的で自習希望も多いので、このようにさせていただきました。ご了承ください。

志築塾情報「塾生、早稲田大学、推薦入学決定!」

2018 年 11 月 18 日 日曜日

今日(2018・11・18)、Yちゃん(もうレディなんでYさん?!)、高3のN高生、早稲田大学推薦入学、合格決定!来塾しました。日曜講習で来ていた6年生がY、登場に声をそろえて、「おめでとう!」。5年ぶりの来塾。
うれしくて、うれしくて、ハイタッチしました。Yと僕とかつら先生とはなんと食事時に出かけました。僕はとってもおいしい生ビールを一杯、飲みほしました。
6年前、僕のプッシュで、入学金を払ったT校じゃなく「勉強とスポーツを両立させるべきだ。」とN校に入学。
ところが、足を痛めて、スポーツ断念。それから3年後、O先生から、Yがもう一度スポーツにチャレンジの打診。勿論、僕に権限はありませんが、「夢は絶対チャレンジしなければ、気持ちが残る。だからむしろ挑戦させてほしい。」とお願いしました。偶然、活躍するのをテレビで見た瞬間、かつら先生となみだを流しました。
そのYが来塾。うれしいニュースをもって来てくれました。
この日のために頑張ってるんだという思いを確信しました。
うちまで送っていったら、お母さんが外で待ってくれて、「志築塾に行ったおかげで今日の日を迎えられた。」ことを感謝されました。
狭き門を勝ち抜いたYに、拍手とこれからの激励を送ります。
思い起こせば、この年、卒業生6名と初めての合格パーティを実施。ホールケーキ3個持参で、じゃんけんでその中のイチゴ争奪戦。人生ゲーム、志築先生惨敗。大笑いのパーティでした。
当時、よちよち歩きの塾でしたが、これからやっていくのに初めて自信を持った年でした。
他の5人の動向も知りたいので、連絡待っています。
そして志望校合格を祈ってます。

中学受験「今後の日程」

2018 年 4 月 18 日 水曜日

6年生は受験まで多くのテスト受験をお願いすることになります。
まずは道コン発展編。6月17日(日)、9月、11月を予定しています。
合否を占うのに最適の模試と考えます。
立命館模試は、9月30日(日)の予定。
日大模試は、10月20日(土)、21日(日)いずれかの予定。
光星模試は、11月3日(土)、4日(日)の予定。
このほか通常の塾テストが9回。合計15の受験。
受験生にとっては、一喜一憂の8か月を目指します。
受験は最後まで頑張った子がいい成績を残します。
気を緩めずに頑張りましょう!

中学受験「6年生7月テスト」少し抜け出した2人。追いつけ追い越せ、誰にでもチャンス!

2017 年 8 月 3 日 木曜日

国語トップ84点、2名。国語の成績は、順位に影響。この二人が総合ワンツーです。
算数は団栗の背比べ。60点台に7名。混戦の中、最高点80のKMが総合、制しました。
理科は久々平均点高得点の81点。社会は少し落ちて70点。
この二科目、得意のYAがまたまたダブルトップ、合計180点。
4教科平均、284点。先月から6点アップ。
SS60を超えている、KMとTMがワンツー。
ISは先月から20点アップ。SRとKRも18点アップで続きます。
特に4位から8位は280点台。志望校合格圏ながら、これからの順位で、志望校合格可能性が大きく変わります。
まさに、8月が正念場。
今年の6年生は本当に、性格がいいと思います。他を批判することも、自己主張をすることもありません。でも、自分を超えていくためにも、自分と向き合って、この戦いを乗り越えていってほしいと思います。
中学受験を高校受験の前哨戦と考えたお子さんは、決して成績が伸びることはありません。中学受験が目標、つまり、「あの中学へ行きたい」が、成績を伸ばし、合格へ繋がって行きます。くれぐれも、中学受験を高校受験の前哨戦としないでください。
「頑張るのは今でしょう!」大輪をつかめるのは、今と向き合った子なんです。
今年、そんな子(高校受験の前哨戦)が多いです。SR・YA・FR・KRの成績が伸び悩んでいる原因です。
もう一度言います!「栄冠は、必死に望むものに、与えられる!」
中学受験で行きたい中学に合格することを応援するため作った塾です。
「高校受験の前哨戦」としてやっている塾ではありません。
希望の中学校へ合格させるための塾です。
さてさて、この夏、彼らの夏とその個性と潜在的特性に、向き合うことになります。
個々の違いが明確になってきています。
毎日、かつら先生と話し合っています。どう育てていくべきか。
僕は、嫌われるべく夏を、彼らのために過ごします。
乞うご期待です。

中学受験「志築塾夏期講習会、始まりました!」26.5日間、850講座(一日平均32講座)完全マンツーマンでスタート!もちろん過去最高です。

2017 年 7 月 28 日 金曜日

6年生は、この夏で力をつけほしいと思っています。
夏期講習テキストを早く終わった6年生には、2段・3段構えのテキストで対応したいと思っています。
全員終わっていませんが、6年生、7月テスト、現在のトップ争いは、その勉強量で競うMOとMUの一騎打ちの様相を呈しています。
二人が頭一つ抜け出したようです。
それでも、ME、SS、RN、AOが、いいテンポで追いかけています。
言い訳が多くなったRH、KT、RGは、志築先生の雷落ちてます。
ここから4週間が、受験生の山場。本当の戦いが始まっています。
ゴールまでみんな連れていきたいのが信条ですが、甘さで夏を棒に振る子まで、連れていくことは
しないと思っています。
この時期、最も難しい5年生。先生たちと毎朝、ミーティング。
変化を読み取り、指導の道筋を協議しています。
YT、HNに変化の兆し。
4年は、ついに、5年を人数で超えました。
先生たちが口をそろえて言っている、4年生は一味違う。
現在トップのYU。着々やっていることと、バランスのいい勉強は、さすがのトップです。
YI、僕とおんなじ左利き。左利きは賢いんです(自画自賛)。えこひいきしてます。
3位のMKは夏講に来ていませんが、実力NO.1。4・5月は、トップ。必ず復活します。
4位のTKも、僅差の4位。勤勉さで、ジワジワ来ます。
MR・ME・YO・RS。秀才ぞろいの4年生。すごい世代になるかも。
3年はROとRSのまれにみるトップ争いがすごいです。
でも、SS、ST、MO、YT、虎視眈々の激戦3年生です。
2年ながら歴史講習を志望したFKにMI、HNが参戦。
今年の夏期講習会、過去最高の850講座。
何か起こる29日間。
途中経過と終了時に報告します!