2009 年 10 月 のアーカイブ

志築塾情報! 「強い意志、大きな目標。夢は叶うもの。」

2009 年 10 月 28 日 水曜日

ある女の子が突然、泣き出しながら言いました。「〇〇子も、〇〇中学に行きたいもん。」ちょうど、その子の兄が合格し、報告を受けていたその日でした。僕は少し考えて、「そっか、きっと、行けるよ。」「ほんと?」「その代り、先生の言うこと聞いて、一生懸命、勉強、出来るかい?」「勉強するもん。」「よーし
!厳しいぞ!大丈夫!」その子はその質問には答えず、満面の笑みを浮かべて、「やったー!!」
能力的には兄ほどではありませんでしたが、努力の日々がスタートしました。2年後、彼女は猛勉強の末、見事、合格!
彼女に聞きました。勉強の秘訣は?
真顔で、「一に努力!二に努力!3・4がなくて、5に努力!」努力は才能。
目標を持った人間は強いのです。
人間の能力の差なんてたいしてないのです。頑張る気持が勝利への近道です。
志築塾では、中学受験を目指す生徒さんを募集してます!
小学校4年から中学校3年生まで全教科、教えます。

今なら授業料は月1万5千円。
週2回計4時間。送迎つきです。
入会金は2万円。
教材費、一切かかりません。

中学受験! 心の扉。心の殻。

2009 年 10 月 24 日 土曜日

どうしてこんなに小さいのに、心に扉や殻を作ってしまったんだろう!よくそう思います。
反抗期は、最近では、5年生くらいが多いようです。大人になる年齢が低まってきているように思います。(もちろん、個人差はあります。)
反抗期は子供から大人への脱皮です。その時期をうまく乗り越えた子は、その後、すごく成長します。びっくりするくらいです。その姿に涙することも、少なくないです。
反抗期というのは、暴れるわけではありません。親に、特に、母親に反抗的になります。
母は子供の将来を考え、なんとか勉強させようとします。この頃は、興味の幅も広がり、勉強する時間が惜しくなります。それに対して、「勉強しなさい。」の言葉は、まさに、障害物。ゲームで言えば、敵キャラです。立ち向かえる(いい意味ではないですが)子供はまともにぶつかって行きます。そうじゃない子は心に殻を作ります。
子供はとても保守的です。一度そう思い込むと、違うやりかた、違う情報が入ってきても拒否反応を示します。ましてや、自分の好きな先生、好きな先輩の教えであれば、間違っていても変えようとしません。ものすごく堅い殻なんです。
この殻は実は、トラウマでない限り、あと1年も経つと自然と消えます。あと一年は、5年生にとってはもったいない長い一年です。6年生で考えれば、受験は終わってしまいます。
人間の脳は最近の研究では、ちゃんと頭を使うと70になっても、脳細胞は増えるそうですが、通常記憶のピークは14歳だそうです。反抗期と重なるのは皮肉なことです。
哲学的考察では、このように新しい知識ややり方を拒否するのは、「思考の枠組み」がなせる技なんです。ましてや枠組みが小さかったり、未塾なこの時期は、感情支配が大きいので、言って聞かせても、聞く耳持たずになります。
この時期は出来るだけ、話しを聞いてやること、叱らずに説得するのです。しかも、ゆっくりと。自分のことが解って貰えて初めて、親の気持ちが伝わるのです。

ワンピース情報! 映画主題歌「ミスチル」に!!

2009 年 10 月 21 日 水曜日

情報はだいぶ前に出ていたようですが、僕は、今日、知りました。
大好きな「ミスチル」です。しばらく、歌ってませんが、ミスチルの僕の持ち歌紹介!
「しるし」「HANABI」「旅立ちの歌」などでいっぱいあります。ちなみにカラオケは全国ランクベスト10にいつも入ります。
話は外れましたが、題名は「fanfare」だそうです。
11月、4週に渡って、映画宣伝の特番アニメが4週やるそうです。
561話の予想、本命「ルフィー対タカの目」出てますが、画バレ待ってます。
最後に戦桃丸とクマのロボットPXたちが登場がラストのものが本命と思ってます。

ハガレン情報! ガンガン11月号 100話「閉かずの扉」

2009 年 10 月 20 日 火曜日

ズズズズズッという大きな音は、街中に鳴り響いた。いよいよアメストリス全土を使った錬成が開始されようとしている。イズミ・エド・アルは消えた。
中央正面玄関では、キングブラッドレイとグリード実はリン覚醒が闘っている。二人とも塀から転落。かろうじてリンは塀に捕まるがブラッドレイがリンの片手に捕まる。道連れ寸前に、ランファンがオートメイルの手を。リンはじいさんの心配を!と叫ぶがすでに、ランファンの祖父は死に絶えていた。ブラッドレイはブリッグス兵の銃弾に水底へとおちていく。(ただ、ブラッドレイは落ちていく途中で水の中の壁に排水溝をみつけるのだが)
時すでに遅し、バッカニア・フーは天に召されていく。
バッカニアはアームストロング少将から命ぜられた中央正面の死守をリンに依頼し逝く。リンはグリードを再び覚醒、圧倒的力で中央軍に立ち向かう。それを見届けバッカニアは「ブリックスの峰よりすこし高い所へ、先に、行ってるぞ」と言って息絶える。(泣けます)
一方、エドたち3人はある場所に落ちる。そこに、ホーエンハイムを体に閉じ込めたあの「フラスコの中の小人」、ホムンクルスの海の親、諸悪の根源、眼だらけ黒ずくめが登場。
ホーエンハイムの賢者の石を取り込もうとしたが出来ずに、大人しくさせるために体にホーエンハイムを、閉じ込めたらしい。ここは彼の城。(アルは起きない。??)
人柱はまだ足りないらしい。
場面変わって、中央地下。マスタングたちは、やっぱりキングブラッドレイがつくったなぞの男と男たちとの戦闘が続いていた。マスタングは人体錬成をしていない。人柱になるためには、人体錬成が必要らしい。人体錬成を拒むマスタングにその謎の男がとった行動はホークアイの首を切ることだった。血が噴き出すホークアイ。マスタングはどうするのか?
クライマックスに向かって更に盛り上がる「鋼の錬金術師」です。

塾のメリット・デメリット ひとりひとりを考えよう!

2009 年 10 月 14 日 水曜日

僕は自分の子供を5年生になるまで、塾にやりませんでした。塾のいいところは、受験のプロがいることと、ライバルがいることです。親から見れば、塾に行かせれば、プロが伸ばしてくれる、競争心が掻き立てられると思うのではないでしょうか。それが刺激となって伸びる場合もあります。でも。
ある僕の子供の同級生が遊びに来ました。暫くして、時間が来たので、送っていくと言うと帰りたくないというのです。僕に「おじさん、なんか帰らなくていい理由ないですか?」というのです。そんなわけにはいかないので、送っていきました。帰りの車中で、週5日、塾と習い事。いやになったというのです。すごく頭のいい子でした。実は、3年生でした。車中で僕に懇願するんです。「うちに帰らなくていい理由ないか?」と。
その後、勉強で、この子が名を上げたとこは見ませんでした。
期待が早期の塾通いに、塾に行っていればが、良い結果に必ずしもならないことをご理解いただきたい。

映画情報!  「さまよう刃」 東野圭吾。

2009 年 10 月 13 日 火曜日

昨年、大ヒットした「容疑者Xの献身」と同じ、東野圭吾の同名小説の映画化だったので、早速、見に行ってきました。結構、お客さんは入ってました。寺尾聡、竹野内豊、伊東四郎とちょい渋めの役者。観客の年齢層も高めではありました。
妻を病気で2年前になくし父と娘の二人暮らしの主人公(寺尾)。ある日、夕飯を作り、娘の帰宅を待っていた。娘からもうすぐ帰るの電話。今日は鍋。しかし、娘は帰って来ず、次の日、河原から蹂躙され殺され遺棄された娘が発見される。しばらくして、打ちひしがれる主人公(寺尾)にある少年から犯人の二人の名が留守電に。
寺尾は知らされたアパートへ。そこには、蹂躙される娘のビデオが。反狂乱で犯人の一人を待ち、刺して殺す。
少年が殺人を犯しても軽い刑ですむ。自らがやったと寺尾の犯行声明。
寺尾はもう一人の犯人を捜しに向かう。寺尾に殺される前に先に犯人の少年を捕まえようとする警察(伊東、竹野内)。少年を殺そうと探す寺尾。追う刑事、竹野内は少女を使って売春など悪さの限りの犯人の少年をある意味助けようとしている自分に疑問を抱くようになる。そして竹野内から寺尾に犯人が現れる場所を教える電話が・・・。
さすが、寺尾聡。顔で演技出来る少ない俳優です。「半落ち」は絶品でした。見たすぐあと、主演男優賞と大騒ぎ。一年後、アカデミー賞最優秀主演男優賞。「半落ち」も映画賞受賞。その後の「博士の愛した数式」も良かった。今や、絶品の演技力。
今回は、個人的感想としては、んーーーですが、見る価値ありです。
東野圭吾の作品、犯人の視点が絶品です。3.5で。ご覧になるかはお任せします。
ちなみに、テレビドラマ「JIN」は面白いです。

志築塾情報! 5年生のうちに、基礎と勉強の仕方を身につけよう!

2009 年 10 月 9 日 金曜日

昨日、こんなことがありました。なかなか漢字を覚えられない子が、突然、20問以上連続正解!「すごいね!どうしちゃったの?」本人もどうしてなのか解らないようです。
これは、間違いなく、自分で辞書を引いたからなんです。授業で一回だけ教えました。うちへ帰ってもう一度やって解らなかったら、辞書をひいて調べて書いてください!本人は一生懸命、辞書をひいたのです。結果、飛躍的に覚えたのです。にこにこしてました。その後も勉強が進みました。
今、そのお子さんに試みているのが、声を出して文章を読み、大意を要約させること。漢字は一度は辞書をひくこと。本を読みなさい!漢字の練習をしなさい!より効果的です。

志築塾情報! お母さんと一緒に考えます!

2009 年 10 月 6 日 火曜日

お子さんに関しての悩みをいっぱい持っているお母さん!一緒に話し合いましょう!そんな塾は少ないのです。
個々の悩みは、必ずしも一緒ではありません。一人一人違うのです。一律の方法なんてありません。
塾に来られたら、数回、色んなことをします。それは、個々の能力、性格、問題点、弱点を見ているからです。数回行っているうちに、それらが見えてきます。
僕のあこがれている吉本笑子先生(中学受験25年以上の「花マル笑子塾」主宰)は言います。
子供を責めないこと、いいところを導き出すこと。褒めること。プライドをくすぐること。
期待するばかりに悪しき方向にのめりこんではいないでしょうか?
結果を急いではいけません。時間はかかります。受験までそんなに時間はないのかもしれません。でも、長い人生を考えれば、まだまだスタートラインです。中学・高校・大学とちゃんと勉強することを身に付けなければ、乗り越えていけません。
いっしょに勉強して下さい。お母さんの出来る範囲ではなく、苦手なところを一緒にやっててください。これから知識を身につけても遅くないんです。
僕はお子さんより計算が遅かったりするのは、全然気になりません。「先生より計算速いんだね。すごい!すごい!」と言います。優越感を持った部分は逆に食いついてきます。計算の遅い子には、「先生も計算遅い。だから工夫したんだ。」と独自で小学校の時に開発したやりかたを教えます。
親子で成長しましょう!

志築塾情報!聞こえますか子供の悲鳴!その1

2009 年 10 月 1 日 木曜日

勉強が嫌いになってしまっては、元も子もありません。
好きになるのは、
①出来る喜びを感じた時。
②人の解らないことが出来た優越感を持った時。
③出来て褒められた時。
先日、生徒さんが、試験の範囲を発表した時、こう質問しました。
「先生、ここも範囲に入れてください。得意分野なんです。」
お母さん!褒めてください。
塾へやっていればなんとかなる。→なりません。
塾へやっていたが、なんの意味もなかった。→そんなことはありません。やっぱり、そこそこ身についてます。そこを見てやってください。褒めてください。
いっしょに勉強して下さい!お子さんの実力が解ります。大したもんだと思います。
僕は、運転が下手です。自信がありません。兄は16。姉は18で免許をとりました。僕は30でした。いつも、運転がへただと言われてきました。未だににがてです。その運転を妻はうまいとほめます。妻は無事故の僕をほめます。なんだか運転のうまい妻にほめられるとその気になります。勉強もおんなじなんです。
お願いします。褒めてください。

志築塾では生徒を募集してます!