2015 年 7 月 のアーカイブ

中学受験「7月24日夏期講習会開始!」

2015 年 7 月 24 日 金曜日

塾生、総勢48名で夏を迎えました。
うち夏講からの参加が、9名。通塾希望者も多いので、出来るだけ多くの生徒さんが入れるよう努力したいと思います。
今回は理科実験の大学院生IK先生に加え、同じく院生の女性OM先生が実験を担当します。
30講座を超える理科実験授業を予定しています。実験キット増やしましたので、大いに楽しんでほしいと思います。
レギュラーのTH先生、秋田県代表AS先生、リッツ出身のTI先生、新任の文学部のKI先生と工学部のSM先生に最近一段とボケの進んだ志築先生と白髪交じり若年寄のかつら先生の計9名の先生です。予定では本講含め、24日間、591講座です。「中学入試よく出る歴史人物ベスト10を学ぼう!」の歴史授業。
「がっちり開成対策ピックアップ問題集」の公立対策。
理科実験大賞・歴史大賞をはじめいっぱい賞を用意しています。
楽しい夏になることを祈念しています。

中学受験「開成中学」1年生来塾。

2015 年 7 月 23 日 木曜日

今年、開成に合格した1年生が来塾し、楽しい開成中学生活をいっぱい教えてくれました。
僕が感じたことをまとめてみます。
通常、私立の中高一貫は高2までに、高3までのカリキュラムを終え、高3は受験勉強をするとの考え方ですが、開成は,受験勉強をするのは、高2・高3で、それまで、自由にやりたいことをやっていこうという考え方です。私立1年生の夏休みはどっさりの宿題ですが、開成はほとんどありません。したいことを思いっきりやる夏にして下さいと言われたそうです。真逆ともいえる対応です。(勿論、何もしない夏にならないようにということですが。)
クラスは4クラスですが、別に授業を受けるチーム分けがあり、そのチームで授業を受けるそうです。入学時には決まっていたというチームがどのような分け方かはわかりませんでした。授業は、質問に答えていく形式が主力で、次から次へと質問が飛び、疑問に答えていく形で、疑問がなくなるまで、時間をかけてやるようです。
質問がどんどん出るのが特徴と言えます。いろんな場面で、意見を戦わし、反対意見をどうどうと言える子が多く、そう指導しているようです。自主性・自発性・主体性を重視し、あらゆる場面で議論していく形が、徹底されているようです。まさに学校の方針が徹底されていると言えるでしょう。
入学試験時、テスト重視ではなかったようです。面接で多くの子が落とされたことは、この授業の方向からして当然だったのだと思いました。より、自己主張が出来る子、考えを堂々と発表出来る子が合格したのだと言えます。
入学試験の易しさから学力のばらつきが心配されましたが、光の当て方の違う学習方法が、学力の差を感じさせないものになっているようです。ただ、出来る子は確かにいるようです。
この道は、私立中高一貫でも今後重視されると思いますが、20年度から改正される大学受験制度にも大いに関係した学習法と言えるかもしれません。
ただ、大学への近道切符ではないことは事実の様です。

中学受験「6月学力テスト(5年生)の結果」

2015 年 7 月 6 日 月曜日

今月は難易度がぐんと上がりました。
先月SS60は298点でしたが、今回は265点でSS60でした。
したがって、平均点も283点から253点に下がっています。
基準のSS60以上が先月と同じ5人ですから、成績表をご覧になるときには、そのことを考慮してご覧下さい。
あまり順位変動はありませんでしたが、塾順位で、3位以上下がったのが2名。2位以上上がったのが2名でした。下がった2名は勉強量が少し落ちています。上がった2名はコンスタントに自宅学習をやっています。宿題をしっかりこなすことと、テスト前範囲練習問題(PAL)をしっかりやることが課題です。
さて、トップは3連覇のRでした。今回2ランクアップしたKとともに先に先に進んで学習しています。
2位・3位は今回逆になりましたが、不動の上位3をキープしています。
次回こそ3人を脅かす子が出てきてくれることを期待しています。
さて、今回の特別賞は、ただ一人点数を上げたMに送ります。入塾間もなく、まだまだ下位ですが、地道な努力が実を結びつつあります。オンリーワンアップ賞を贈ります。
先月から作りましたベスト3賞(4科目+総合)+特別賞にシールをお渡ししていますが、テキスト裏面にでも貼ってください。今回も粗品差し上げます。

中学受験「日曜講習を7月先取り実施」

2015 年 7 月 1 日 水曜日

毎年6年生のために9月から開催している日曜講習を先取りで7月5日から実施したいと思います。
例年、遅く入塾した子や弱点科目を持っている子のために開催しいています。
実施内容は、受験向け総復習と受験校対策と公立受験対策です。
時間は90分を原則とし、一人3時間までとします。通常の授業と一緒で、その時間はそのお子さんの時間となります。なお、平日からの乗り換えは出来ません。したがって、講数が増えることが条件です。
ただし、あらかじめ、模試や小学校行事で参加できないことが解っている場合で、時間変更で対応できない場合、お休みとします。
時間は9時から1時間半刻みで一講とし、3時までとします。(遅い時間希望の場合、ご相談ください。)
受講費90分5千円です。月ごとの前納とします。
昨年は9名が受講しています。
北嶺・立命館SP・立命館一貫・日大・光星・大谷などに複数合格しています。
日曜講習を始めたのは、6年前になります。日曜講習受講生の合格率がいいので、休みなくなりますが、験を担いで日曜講習は志築塾の恒例行事でやることにしてます。
受かりたい強い気持ちがあれば、ここからの6年生は伸びます。
お子さんは受験を通して、しっかり成長します。
自覚を持った時がたたみ来むちゃんすです。
参加を検討してみてください。
また、今年の6年生は少ないので、もしかしたら、空きが出来るかもしれません。
遠方などで、入塾を希望しても、通塾できないという、5年生以下のお子さんもご相談ください。
なお、塾生にはご案内をお配りします。